ベビー靴 | オーダーメイド靴が手作りできる教室(学校)

ベビー靴KITの作り方

HOME > 注文靴 > ベビー靴KITの作り方

ベビー靴KITの作り方、作り方も付いていますが順につくって下さい。

  • 1、本体後革とハキ口革を縫い合わす

    本体後革とハキ口革を縫い合わす

    ・1本の糸にワックスを持ち挟むように滑らせ全体に2回ぐらいつける。
    ・糸に針を通す。(2本の針を糸の端に1本ずつ通す。)

    左記画像
    ・折山を中心にスポンジを貼る。(両面テープ外して貼る。)

  • 1・本体後革とハキ口革を縫い合わす

    縫い方

縫い方
ここから針をさします、通して針の長さをそろえます。
通した糸を画像のように折山の反対の穴に通します。3ヶ所の穴が通りました。

表側の針を最初にさします、完全に締めないで少しゆるめておきます。
(同じ穴に糸をさすので糸をが刺さったた時しまらない)締まらない。もし刺さったら針をもとに戻してやり直してください。
★先に通っている糸を刺さないように注意

縫い方

裏側の針を今通した穴の通す(糸をささないように)表に出た針を前の糸目にくぐらせて糸をしめる。

【製作ポイント】この作業は必ず最後に行う
表の最後の穴に針を通す、(通しにくいので1枚ずつでもいいです)裏に出す。

縫い方

最後の縫い目 どちらの針でもいいですが (1)横に出す (2)もう片方の方も横に出す。 
かたむすびを2回

縫い方

長さ5mm以上でカットする。(ワックスを切った所にこすりつけておくとほつれ止めになる)
「1」の段階が終わりました。次は「2」の段階です。この部分と前革を縫止めを行います。 「3」の段階で本体と底革を縫います。

  • 2・この部分と前革を縫止め

    2・この部分と前革を縫止め

    「1」の本体と本体前革を縫止め
    「1」の項目で最後に切った針付きの糸を使います。
    (必要であればワックスを糸につけます。)

    ①最初は1枚だけ裏から表(糸の端を5cmぐらい残します。)

  • 2・この部分と前革を縫止め

    縫い方

写真ではわかりやすく分けてありますが、②部分を重ねて刺すとやりやすいです。
裏から刺して表に抜きます。

縫い方

(3)間から糸を出して・・・
2回結び(1回目)・・・ゆるみがないか締めすぎないように締めてからなじますようにします。
2回結び(2回目)・・・しっかり結びます。

5mm以上残してカットします。(※カットした糸にワックスをつけておくたと、ほどけにくくなります。)

縫い方
縫い方

本体が完成(右足)
左足も完成してください。もう片方も同じように縫ってください。
「2」の作り方は終わりです。次は 「3・本体と底革を縫う」です。

  • 3・「2」本体と底革を縫う

    3・2本体と底革を縫う。丸手印靴工房

    2でつくった本体と底革を縫う

  • 縫い方

    縫い方

(1)縫い方は、右、左とも縫い方は同じです。
(2)糸をはしを5cm残しておく(最後に糸を結ぶため)
(3)下段に底革を重ねて表から裏(2枚)

縫い方

(4)上段裏から表(1枚)
(5)1・表から裏【1枚】 2・裏から表【2枚】 3・上段の横糸の下をくぐらす(糸を締めるとき、少し後ろ斜めに引上げて、締めてから右にたおして次に進みます。)

縫い方

内側はこんな感じです。
5cmの糸が縫っていると他の糸と絡まないように注意します。(よく外に出ることがあります。)

縫い方

ここがよく間違えるところなので注意

写真は2枚を通しています。(※右足マークのところは3枚通します) あと底革を通して下さい。
穴の数が合わなくなることがありますので注意

縫い方

この辺りからしっかり締めてぬってください。
私は糸で締めるのではなく底革をかぶせるように糸を締めていきます。(糸を締めるとき、少し後ろ斜めに締めてから右にたおして次に進みます。)
※注意・・・穴の位置が違うと最後の所で穴にずれが出ます。

縫い方

これで1周しましたが、穴にずれはなかったですか?
もしも様子が違ったら穴がずれている事が考えられます。ほどいてやり直す方法しかないので・・・

ここは、通すのが堅くなっていきます、内側から見るとこうなります、下段の下穴にとおして外側に抜いて下さい。

  • 仕上げ

    仕上げ

隣の穴に刺します(ここだけ2回通ります)ここまで出来ればもう少しです。
この次の段階で裏返して進める方がやりやすいです。かかとの部分を押しながら内側にかえして下さい。この穴を通して終わりです。

仕上げ

かたむすび1回目 / かたむすび2回目

糸を5mm以上の長さでカットして下さい。
※切ってからワックスをこすりつけるようにつけておくと糸のゆるみ止めになります。もう片方も同じ要領で仕上げて下さい。

※中敷きを貼りつけます。
両面テープになっていてめくって貼って下さい。ポイントはかかとの所に5mmぐらい多めにかけて貼り付けてください。
押しつけなければめくって貼り直せますがあまりやると粘着が弱くなってきますので注意(指先で奥の方を折れ曲がっていないか注意して下さい)

ひもの通し方は両側の下の穴から(外側)入れて上の穴(内側)からとおす。出来上がりです。お疲れ様です