オーダー靴の修理

お問い合わせはこちら

ブログ

オーダー靴の修理

2021/09/11

オーダー靴の修理

 

[作成時]

・「ペダラ柄ゴム入りスポンジソール」ゴム入りEVA/硬度55

 

[修理時]

踵・・「ペダラコーナー用ゴム板」加硫ゴム/硬度65

 

つま先(欠け埋め)・・「神戸カステラ板」ゴム入りEVA/硬度40

 

・・・・・

◯作成時ソール材は、ヒールの消耗が早かったです。(他の部分の消耗・使用感と比較して)

今後、作成時からヒール部はコーナー用ゴム板に切り替えるのも一案で

す。

◯つま先が歩行時に擦れてソールの欠けが起こりました。

捨て寸がやや多めなのと、トウスプリングが少なめなのも原因だと思いますが、その点は今後検討します。

その欠けを「神戸カステラ板」で良い具合に埋められました。

気泡が多い材料なので、形に沿わせ易く、接着力が強いです。

 

この材料の仕入れは、

(株)昴 /靴修理材料

https://www.subarurepair.co.jp/

 

材料の説明・詳細が解り易く、とても重宝します。

 

 

…………………

京都府八幡市「八幡靴工房」

京都市中京区「御池靴工房」

 

◯工房の見学、靴のご相談等、お受けしています。

◯お申込み・お問合せ: 丸手印靴工房 石田まで

 https://marutezirusi.com/information/contact/

075-983-0213

info@marutezirusi.com